学習履歴

プログラミングなどの学習履歴

SQL出力項目を結合

OracleでFunctionを作成するときも仕様で

 

”カラムデータ”,

 

という風にカラムのデータをダブルクオテーションで囲んでカンマで区切るというものを作成する必要がありました。

もう少し詳しく言うと例えば

0000 のようなデータがカラムにあるとして、

これを "0","0","0","0"へ関数を使って整形するというものです。

 

関数のソースについてはまたの機会にしますが、

Oracleでは出力結果の結合をするときには縦棒を2本(||)で

表します。

 

SELECT '"' || カラム名 || '"' || ',' FROM テーブル名;

 

とするだけです。実際にはカラムデータを一文字ずつ囲う形になるので

関数でFor文を使って文字列分を繰り返す処理になります。